魚を上手く食わせて、上手く酔わせるお店たち。


by clubfame

心心

心心
しんしん

ある意味、ビックリ生け簀
バスルームから真心を込めて


c0223251_1047741.jpg 1.「アジの姿造り」980円~は、身を食べ終わって骨せんべいまで平らげて、の値段。「居酒屋=冷凍食品の店ではない!」という言葉を胸に、その日のオススメ料理のほとんどが魚メニュー

卓の上に届いた皿盛りの海老が、突然跳ねて床に飛び大騒ぎ…。そんなコミカルなシーンが、オープンしたての同店で見られたという。その海老がどこから来たか? 「実は元民家なんで、風呂場を生け簀にしてるんです(笑)」。c0223251_10484472.jpgもちろん利用客がその様子を見ることはないが、取材当日も、確かにバスタブの中の生け簀に元気にアジが泳いでいた。市場の魚屋から、社長夫人の故郷である伊勢から、「えぇのんおるよーっ」という報告と共に、ときどき魚たちがやってくる。
 「でかい町家店やけど、そないに高ないでー」。店内の板間が畳に変わろうが、平均予算が数百円レベルで上下しようが、客が持つ店へのイメージは変わらない。その普遍性こそが、居酒屋である。
 その居酒屋で、今宵も生け簀の、いや風呂場の主が、ちょっと賑やかな幸せを提供している。


c0223251_10493841.jpg
2.稼働率は「毎日フル回転!」というわけではないが、伊勢海老や車海老、カワハギ、カレイ、貝類などが、その都度海からこの生け簀に住み家を移しにやってくる。何となく、ほのぼの風景


c0223251_1050225.jpg京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町95-3
 075・213・3722
 17:30~23:30(フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
不定休
【平均予算】4000円



この情報は、月刊京都CF!の2009年3月号時点のものです。
 一気に、雑誌と同じデザインで、詳しく読みたい人はClubFameのホームページでPDFが無料でダウンロード(会員登録後)できます。

 
[PR]
by clubfame | 2010-01-26 10:55 | 魚料理