魚を上手く食わせて、上手く酔わせるお店たち。


by clubfame

和食・すし処 しんご 2

和食・すし処 しんご
わしょく・すしどころ しんご
生け簀はえぇ格好の道具でなく
あくまで大衆用、なのである

c0223251_12464237.jpg
1.石鯛を中心に戻り鰹、カンパチ、アオリイカ、サザエを盛り込んだc0223251_12502652.jpg「活け造り盛り」は5000円。生け簀に泳いでいるのは全て、鳥羽から直送してもらっている天然物

2.石鯛、オコゼ、そい、小潮鯛、うまづら…。その日のおすすめ品書き(A4サイズ)に書ききれないほどの有名無名の魚たち。活きの良さに困ったのはカメラマン。「海水がっ、カメラに…」

c0223251_12472468.jpg




c0223251_12453018.jpg京都市中京区木屋町通四条上ル鍋屋町221
木屋町50ビル4F
 075・252・0258
 17:00~24:00(L.O.23:30)
 金土祝前日17:00~翌2:00(L.O.翌1:30)/月休
【平均予算】4500円

この情報は、月刊京都CF!の2009年3月号時点のものです。
 一気に、雑誌と同じデザインで、詳しく読みたい人はClubFameのホームページでPDFが無料でダウンロード(会員登録後)できます。

[PR]
by clubfame | 2010-01-25 12:53 | 魚料理