魚を上手く食わせて、上手く酔わせるお店たち。


by clubfame

和食・すし処 しんご

和食・すし処 しんご
わしょく・すしどころ しんご
c0223251_11244160.jpg
生け簀はえぇ格好の道具でなく
あくまで大衆用、なのである


 名だたる高級料亭の板場を預かった大将、岩井さんが病に倒れ、復帰した舞台は木屋町の屋台村だった。通算42年のキャリアの中で、常に共にある魚は「友達」だ。「男前も別嬪もおる。こうしたら喜ぶというのも分かるし、可愛いっすよ」。巨大なバットにもりもりと魚を揚げていく。「単に『生け簀ありますよ?』とちごて、この暴れるのを見てもらうのがえぇんです」。
 魚目当てに屋台村時代からの仲間が集う。中にはエリート街道を歩んできたわけではない同業者もいる。彼らには惜しげもなくレシピを教授し、魚をさばく手ほどきもする。ざっくばらんな気質は、「屋台で育ててもろたから、大衆店を貫く」という誓いに依る。 生け簀を通じて成る技術の伝承。2度目に訪れた客の顔を見ることに比肩する喜びは、それを実感したときだ。




c0223251_11252012.jpg京都市中京区木屋町通四条上ル鍋屋町221
木屋町50ビル4F
 075・252・0258
 17:00~24:00(L.O.23:30)
 金土祝前日17:00~翌2:00(L.O.翌1:30)/月休
【平均予算】4500円

この情報は、月刊京都CF!の2009年3月号時点のものです。
 一気に、雑誌と同じデザインで、詳しく読みたい人はClubFameのホームページでPDFが無料でダウンロード(会員登録後)できます。

[PR]
by clubfame | 2010-01-22 11:25 | 魚料理