魚を上手く食わせて、上手く酔わせるお店たち。


by clubfame

げてげて、うまうま4

さかな波波
さかななみなみ

隅々まで味わう深海魚の魅力

1.マテ貝(1-4 写真左上から左方向へ)
日本全国の干潟や浅い泥の海に生息。砂や泥に穴をあけて入っており、その穴に食塩を入れるとニョキッと飛び出るマテ貝採りは有名。見た目はグロテスクだが味は絶品。軽く炙る程度で塩焼きやバター焼きなどに

2.オニエビ
海老3兄弟の1人。兄弟の中ではもっとも大きく、トゲも多い。が、その身の弾力は特筆モノ。焼くとさらに甘みも増す。ちなみにこういった種類のエビはほぼ地元で食されるため、なかなか市場には回らないという
c0223251_12163497.jpg

3.シマエビ
海老3兄弟の2人目。名前どおりの縞を持ち、兄弟の中ではもっともオシャレ。簡単に言えば「甘エビの大型」。甘さやとろみのある食感はそのままに量は2倍というお得なエビ。お造りでしゃぶり尽くすのがベターかと

4.ガサエビ
海老3兄弟の3人目。地方名が多く、モサエビ、ドロエビなど呼び方も多数。主に日本海側で揚がる。甘みは甘エビよりも濃く、実は知る人ぞ知る人気の食材。お造りの後に殻をカリカリに焼いて丸ごと食べるのも美味い

5.アカヤガラ>(5-8 写真上から右方向へ)
世界中で揚がるトビウオの仲間。長~い口と長~いシッポのお陰で食べられる身は1/3だけ。見た目の悪さは折り紙付きだが、味は想像以上に美味い。淡泊な白身はお造り、塩焼き、煮付けなど、何にでも対応できる

6.ヒオウギ貝
竜宮城のごとく、赤・黄のカラフルな殻を持つ貝。日本海をはじめ、伊勢湾などでも揚がり、焼くと殻が激しく開くことから別名「あっぱっぱ貝」とも呼ばれる。基本的な調理は焼き。バター焼きがもっとも美味しい

7 .ババァ
鳥取や丹後半島などで揚がる深海魚。見た目の悪さは相当なものだが、下魚の例に漏れず、見た目が見た目だけに味は美味い。「タラやアンコウの身にゼラチン質を足した感じ」と板井さん。お造りや鍋で味わいたい

8.ゲンゲ
ミズウオ、ドギ、グラ…など地方名は多数あるが、ここでは富山のゲンゲと称す。鱗の代わりにゼラチン質で全体が覆われた深海魚で、そのゼラチン質独特の食感は美容にもいい!? おすすめはお吸い物や煮付け


c0223251_1115553.jpg京都市中京区麩屋町通二条下ル尾張町231
麩屋町二条ビューハイツ1F
 075・211・5073
 17:00~24:00/月休、第1・3日休
【平均予算】5000円


この情報は、月刊京都CF!の2009年3月号時点のものです。
 一気に、雑誌と同じデザインで、詳しく読みたい人はClubFameのホームページでPDFが無料でダウンロード(会員登録後)できます。

[PR]
by clubfame | 2010-12-22 13:42 | 魚料理