魚を上手く食わせて、上手く酔わせるお店たち。


by clubfame

迦陵庵

食材は割烹級の罪つくりな炉端
酩酊するのは時間の問題?


迦陵庵
かりょうあん

c0223251_10382965.jpg カウンター席は、ズラリと並べられた天然もののグジ、太刀魚、ハモ、活伊勢エビなどをかぶりつきで見られるシチュエーション。しかも、それらが目の前でいい匂いを漂わせながら、焼き上げられるのである。その演出を「食欲をそそる」というか「罪つくり」ととるかは意見が分かれるところだろうが、いずれにせよ、あれこれ頼みたくなることに変わりはない。料理ができると、櫂に乗せてホイッ、とサーブ。そんな炉端の気軽さは、グジや釣りものだけしか仕入れないというキンキといった高級魚を食すときの、ある種の気負いを払拭してくれる。そんなこんなで、今日はちょっといいお酒を一献、と気分が乗ってきたら、珍しい銘柄を嗜んで酩酊するのもよろしいかと。


c0223251_10392391.jpg
京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町528 
遊里香ビル3F
 075・212・7099
 17:00〜翌1:00(L.O.23:30)/水休
【平均予算】6000円
[PR]
by clubfame | 2010-12-06 14:00 | 魚料理