魚を上手く食わせて、上手く酔わせるお店たち。


by clubfame

水魚之交

今、美味いのは北か南か…
魚前線、アレヨアレヨと入洛中


水魚之交

c0223251_11555841.jpg 今ほど魚も、京野菜も騒がれる前から、この2つを名代にコツコツと7年間営んでいる。ある時期からは主に後者の注文ばかりが目立っていたが、ようやく前者にも日の目が当たり出したのは大歓迎。「良いものを良いと分かってもらうためには、色んな仕事がありまして」と店長の高橋さんは言う。それは「蕪の美味しいところを伝えるためにはどれだけ剥かないといけないか」ということであったり、「魚の旬を季節だけで語らない」ことだったりする。
 曰く、魚の旬は季節と土地で伝えるもの。旬の魚の中でも、今はどこどこ産がいい、という会話は、桜前線を楽しむのに似ている。「魚と日本酒の店の前線が、京都に入ったねぇ」と言うように。


c0223251_11553346.jpg


京都市中京区木屋町通三条下ル石屋町115 辻田ビル2F
 075・213・5822
 18:00〜翌1:00(L.O.24:00)/無休
【平均予算】4000円
http://www.suigyo.com/
[PR]
by clubfame | 2010-12-06 14:02 | 魚料理